もし楽天市場に出店して月商60万円だったら満足か?

| | コメント(0) | トラックバック(0)
4月28日号のインプレスのメルマガにEコマースの好調を牽引する老舗ネット企業ということで楽天市場が紹介されていました。楽天市場は、2008年度の流通総額が6,638億円で、これは前年度から23.6%の成長となったそうです。

もう少し掘り下げて、楽天株式会社の2008年度通期および第4四半期決算説明会の資料によると、2008年度4Qの楽天市場と楽天ブックスを合わせた流通総額は1942.2億円、出店店舗数は26,223店舗となっています。

単純に流通総額を出店店舗数で割ると、1店舗の平均月商は2,468,825円です。僕の経験でいくと、この数字は1人の担当者でもがんばれば半年程度で何とか達成できるもので、現実味のある数字です。(実際に達成した知人はキツイ状態になっていましたが...)

本当にこれだけ売れるのであれば悪くないという方が多いでしょう。
しかし、現実は少し違うのでは?と思います。

楽天市場には大手家電量販店などの大規模ショップも出店していて、月商は数億円になるはずですから、平均月商250万円を達成できていない店舗も多いはずです。

全くの概算となってしまいますが、パレートの法則を使ってみましょう。
(→パレートの法則:ウィキペディア)

2008年度4Qの楽天市場と楽天ブックスを合わせた流通総額の2割を楽天市場に出店している店舗の8割で割って、さらに3で割って月商にすると「617,206円」です。
楽天ブックスの流通額を差し引けばもっと下がります。

月商250万円なら悪くないと思われた方も、月商60万円になると、仕入れの原価、担当者(バイト)の賃金、楽天市場のもろもろの費用などなど差し引かれて...、ちょっと考えてしまうのではないでしょうか?

いやいや、うちはそんなことにはならない。月商300万、500万、1,000万円を目指しているという店舗も多いと思いますが、ライバルは楽天市場に26,223店舗もいます。カテゴリで考えたとしても1,000、2,000もの店舗が同じカテゴリの商材や全く同じ商材を取り扱っています。

経済産業省の「平成19年度電子商取引に関する市場調査」によると、EC化率の高まりもあり、BtoCの電子商取引の市場は成長を続けています。
楽天市場の流通総額は電子商取引市場において大きなシェアですし、ポイントなどのツールでがっちりユーザーを囲い込んでおり、独立した商圏を形成するに至っています。

しかし一方で、出店店舗数の増加による競争の激化という裏側もありますから、楽天市場に出店を検討されている場合は、出店してからのことまでしっかり考え、出店後もECや楽天市場でのノウハウを学んでいかなければ絶対に生き残れないことを認識しておかなければなりません。

カテゴリ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: もし楽天市場に出店して月商60万円だったら満足か?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://valuque.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/6

コメントする

このブログ記事について

このページは、uchida4649が2009年5月 1日 20:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「格」を備える」です。

次のブログ記事は「すべてはALRIGHT」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0