2009年5月アーカイブ

今日(09/05/06)、Googleで検索していると見慣れないマークが。

090506_1.JPGカーソルを合わせて操作しようとしているとGoogleからの説明が表示され、「Googleサーチウィキ」というサービスであり、検索順位をカスタマイズしたり、サイトについてのコメントを投稿できるとのことです。


試しに、「Googleサーチウィキ」で検索して10位だったサイトの順位を上げてみました。

090506_2.jpg
緑色になっている↑マークをクリックすると、10位だったサイトがギューンと上に移動して、1位の場所に。

090506_3.jpgURLの下にはGoogleサーチウィキユーザーのサイトの移動状況が表示されています。


次にコメントを試してみました。
コメントはどこから入力できるんだろう?と探しましたが、この吹き出しマークでした。

090506_4.jpg
吹き出しマークをクリックすると入力フォームが出現。

090506_5.JPG
コメントを投稿してみました。

090506_6.JPG投稿者の名前のところにGmailで登録しているアカウント名が表示されたので、キャプチャではマスク処理。


名前が出てしまうので、急いでコメントの削除を試します。
編集から進むと...、削除できました。

090506_7.JPG
続いて、順位を上げたサイトを元に戻しました。
「↓」のマークが元に戻すボタンでした。
ただ元に戻っただけなので、キャプチャは省略。


次はサイトを検索結果から削除しました。
「×」マークをクリックします。ぼわんと煙のアニメーションとともに検索結果から消えました。Googleから「消したサイトは検索結果の一番下で確認できます。」とのメッセージが数秒表示されました。
検索結果の下を確認すると、消したサイトがありました。

090506_8.JPG「元に戻す」をクリックしたらギューンと元の位置に戻りました。


以上、実際の使った見たところの解説でした。
以下、感想です。

1)SEOに影響があるかもしれない
SEOを施しても、ユーザーが個別で順位を下げたり、他のサイトの順位を上げたり、ましてやサイトを表示しないボタンを押す、ということがもし一般的になったらSEOは大きな影響を受けることになります。
(それが狙いかもしれませんね)

2)コメント機能は悪用されないか?
コメントは1つのサイトに対して1つGoogleのアカウントで1回しか投稿できないようだが、複数アカウントなどで悪用される可能性は考えられます。Googleはどんな対策を用意しているのでしょうかね。

3)どらくらいのユーザーが使うのだろうか?
検索結果を自分でカスタマイズする機能を与えられたわけですが、ユーザーにとっては新しい概念なのでどれくらい受け入れられるか注目です。簡単に触った程度ですが、1つ1つの検索結果をカスタマイズするのは結構な手間だと思うので、ブラウザのブックマークに登録する方が簡単で便利なのではと思いました。


簡単ですが、以上でレポートを終わりますー。
ただ肉体がなくなるだけじゃないか。
人間にとって肉体なんてほんの一部じゃないか。
生きることすらもほんの一部じゃないか。

これからも愛する人はあなたを導いてくれる。
迷ったときはきっとあなたの中に答えがあるさ。
愛する人はあなたに宿っているから。
あなたが思いをつないでいるから。
4月28日号のインプレスのメルマガにEコマースの好調を牽引する老舗ネット企業ということで楽天市場が紹介されていました。楽天市場は、2008年度の流通総額が6,638億円で、これは前年度から23.6%の成長となったそうです。

もう少し掘り下げて、楽天株式会社の2008年度通期および第4四半期決算説明会の資料によると、2008年度4Qの楽天市場と楽天ブックスを合わせた流通総額は1942.2億円、出店店舗数は26,223店舗となっています。

単純に流通総額を出店店舗数で割ると、1店舗の平均月商は2,468,825円です。僕の経験でいくと、この数字は1人の担当者でもがんばれば半年程度で何とか達成できるもので、現実味のある数字です。(実際に達成した知人はキツイ状態になっていましたが...)

本当にこれだけ売れるのであれば悪くないという方が多いでしょう。
しかし、現実は少し違うのでは?と思います。

楽天市場には大手家電量販店などの大規模ショップも出店していて、月商は数億円になるはずですから、平均月商250万円を達成できていない店舗も多いはずです。

全くの概算となってしまいますが、パレートの法則を使ってみましょう。
(→パレートの法則:ウィキペディア)

2008年度4Qの楽天市場と楽天ブックスを合わせた流通総額の2割を楽天市場に出店している店舗の8割で割って、さらに3で割って月商にすると「617,206円」です。
楽天ブックスの流通額を差し引けばもっと下がります。

月商250万円なら悪くないと思われた方も、月商60万円になると、仕入れの原価、担当者(バイト)の賃金、楽天市場のもろもろの費用などなど差し引かれて...、ちょっと考えてしまうのではないでしょうか?

いやいや、うちはそんなことにはならない。月商300万、500万、1,000万円を目指しているという店舗も多いと思いますが、ライバルは楽天市場に26,223店舗もいます。カテゴリで考えたとしても1,000、2,000もの店舗が同じカテゴリの商材や全く同じ商材を取り扱っています。

経済産業省の「平成19年度電子商取引に関する市場調査」によると、EC化率の高まりもあり、BtoCの電子商取引の市場は成長を続けています。
楽天市場の流通総額は電子商取引市場において大きなシェアですし、ポイントなどのツールでがっちりユーザーを囲い込んでおり、独立した商圏を形成するに至っています。

しかし一方で、出店店舗数の増加による競争の激化という裏側もありますから、楽天市場に出店を検討されている場合は、出店してからのことまでしっかり考え、出店後もECや楽天市場でのノウハウを学んでいかなければ絶対に生き残れないことを認識しておかなければなりません。

このアーカイブについて

このページには、2009年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0