今日(09/05/06)、Googleで検索していると見慣れないマークが。

090506_1.JPGカーソルを合わせて操作しようとしているとGoogleからの説明が表示され、「Googleサーチウィキ」というサービスであり、検索順位をカスタマイズしたり、サイトについてのコメントを投稿できるとのことです。


試しに、「Googleサーチウィキ」で検索して10位だったサイトの順位を上げてみました。

090506_2.jpg
緑色になっている↑マークをクリックすると、10位だったサイトがギューンと上に移動して、1位の場所に。

090506_3.jpgURLの下にはGoogleサーチウィキユーザーのサイトの移動状況が表示されています。


次にコメントを試してみました。
コメントはどこから入力できるんだろう?と探しましたが、この吹き出しマークでした。

090506_4.jpg
吹き出しマークをクリックすると入力フォームが出現。

090506_5.JPG
コメントを投稿してみました。

090506_6.JPG投稿者の名前のところにGmailで登録しているアカウント名が表示されたので、キャプチャではマスク処理。


名前が出てしまうので、急いでコメントの削除を試します。
編集から進むと...、削除できました。

090506_7.JPG
続いて、順位を上げたサイトを元に戻しました。
「↓」のマークが元に戻すボタンでした。
ただ元に戻っただけなので、キャプチャは省略。


次はサイトを検索結果から削除しました。
「×」マークをクリックします。ぼわんと煙のアニメーションとともに検索結果から消えました。Googleから「消したサイトは検索結果の一番下で確認できます。」とのメッセージが数秒表示されました。
検索結果の下を確認すると、消したサイトがありました。

090506_8.JPG「元に戻す」をクリックしたらギューンと元の位置に戻りました。


以上、実際の使った見たところの解説でした。
以下、感想です。

1)SEOに影響があるかもしれない
SEOを施しても、ユーザーが個別で順位を下げたり、他のサイトの順位を上げたり、ましてやサイトを表示しないボタンを押す、ということがもし一般的になったらSEOは大きな影響を受けることになります。
(それが狙いかもしれませんね)

2)コメント機能は悪用されないか?
コメントは1つのサイトに対して1つGoogleのアカウントで1回しか投稿できないようだが、複数アカウントなどで悪用される可能性は考えられます。Googleはどんな対策を用意しているのでしょうかね。

3)どらくらいのユーザーが使うのだろうか?
検索結果を自分でカスタマイズする機能を与えられたわけですが、ユーザーにとっては新しい概念なのでどれくらい受け入れられるか注目です。簡単に触った程度ですが、1つ1つの検索結果をカスタマイズするのは結構な手間だと思うので、ブラウザのブックマークに登録する方が簡単で便利なのではと思いました。


簡単ですが、以上でレポートを終わりますー。
ただ肉体がなくなるだけじゃないか。
人間にとって肉体なんてほんの一部じゃないか。
生きることすらもほんの一部じゃないか。

これからも愛する人はあなたを導いてくれる。
迷ったときはきっとあなたの中に答えがあるさ。
愛する人はあなたに宿っているから。
あなたが思いをつないでいるから。
4月28日号のインプレスのメルマガにEコマースの好調を牽引する老舗ネット企業ということで楽天市場が紹介されていました。楽天市場は、2008年度の流通総額が6,638億円で、これは前年度から23.6%の成長となったそうです。

もう少し掘り下げて、楽天株式会社の2008年度通期および第4四半期決算説明会の資料によると、2008年度4Qの楽天市場と楽天ブックスを合わせた流通総額は1942.2億円、出店店舗数は26,223店舗となっています。

単純に流通総額を出店店舗数で割ると、1店舗の平均月商は2,468,825円です。僕の経験でいくと、この数字は1人の担当者でもがんばれば半年程度で何とか達成できるもので、現実味のある数字です。(実際に達成した知人はキツイ状態になっていましたが...)

本当にこれだけ売れるのであれば悪くないという方が多いでしょう。
しかし、現実は少し違うのでは?と思います。

楽天市場には大手家電量販店などの大規模ショップも出店していて、月商は数億円になるはずですから、平均月商250万円を達成できていない店舗も多いはずです。

全くの概算となってしまいますが、パレートの法則を使ってみましょう。
(→パレートの法則:ウィキペディア)

2008年度4Qの楽天市場と楽天ブックスを合わせた流通総額の2割を楽天市場に出店している店舗の8割で割って、さらに3で割って月商にすると「617,206円」です。
楽天ブックスの流通額を差し引けばもっと下がります。

月商250万円なら悪くないと思われた方も、月商60万円になると、仕入れの原価、担当者(バイト)の賃金、楽天市場のもろもろの費用などなど差し引かれて...、ちょっと考えてしまうのではないでしょうか?

いやいや、うちはそんなことにはならない。月商300万、500万、1,000万円を目指しているという店舗も多いと思いますが、ライバルは楽天市場に26,223店舗もいます。カテゴリで考えたとしても1,000、2,000もの店舗が同じカテゴリの商材や全く同じ商材を取り扱っています。

経済産業省の「平成19年度電子商取引に関する市場調査」によると、EC化率の高まりもあり、BtoCの電子商取引の市場は成長を続けています。
楽天市場の流通総額は電子商取引市場において大きなシェアですし、ポイントなどのツールでがっちりユーザーを囲い込んでおり、独立した商圏を形成するに至っています。

しかし一方で、出店店舗数の増加による競争の激化という裏側もありますから、楽天市場に出店を検討されている場合は、出店してからのことまでしっかり考え、出店後もECや楽天市場でのノウハウを学んでいかなければ絶対に生き残れないことを認識しておかなければなりません。
最近、将棋棋士の羽生善治さんの著書「決断力」を読み返したのですが、その中で「格」という言葉がありました。著書の主題とは外れるのですが、自分が課題とするものだったので印象に残りました。

著書の中で、形勢が良くてもなかなか安心できず、消極的な手を指して逆転負けしたり、形勢を悲観して投了したが、後から考えればまだまだ粘れる余地があった、といことがよくあり、それは「格」が大きな影響を与えていて、羽生さんも史上最強の棋士と認められる大山康晴永世名人と対戦する棋士はよく陥っていたそうです。

これと似たような話は普段の生活の中でも起こることだと思います。
ちょっと小さな話ですが、同じ内容の提案をしても何の疑いもなく承認される人と激しい質問を受けてしまう人がいます。また、会議で話をしていて他の参加者が真剣に耳を傾けくれて意見を出してもらえる人もいれば、退屈されて何の意見も出してもらえない人もいます。

これは発言力、影響力、信頼感などをひっくるめて格によるもので、あるかないかで仕事の進めやすさが大きく違ってきます。

羽生さんも著書で述べられていますが、格は一朝一夕で身につくものではありません。また、話し方やプレゼン資料の作り方といった小手先のことを学んだくらいでは補いきれるものでもありません。プロ野球の楽天イーグルス監督の野村さんも著書「野村ノート」で、野球人として成功するには、まず人間性を高めなければならないと述べられています。

一見すると将棋の知識や野球の技術さえあれば成功できるように思いがちですが、着実に成果を出すとか誠実にお付き合いするというように人間性も同時に高めていかなければ一流にはなれないんだと思います。

仕事をする中で「この人には話が通るな」とか「まだ会議で自分の話に興味を持ってもらえてないな」というところから自分がどれくらいの格なのかを把握し、普段の取り組みで反応に変化が出てくるかで格が高まっているか、人間性が高まっているかを感じていかなければと思います。
今日はSEOについて書きます。

僕がSEOについて知ったのは2003年で、オンラインで専門家に相談できるサービスでアクセス数アップにはSEOが良いですよ、と教えてもらったことがきっかけでした。

最初に読んだSEO関連書籍は住太陽さんの「アクセスアップのためのSEOロボット型検索エンジン最適化」でした。それまでは何も考えずにフレームを使っていたりましたが、この本の影響でSEOにとても興味を持ち、住さんのサイトのソースを研究したり、自分が管理するサイトで真似をしたりしました。

SEOを勉強していく中で、ユーザビリティや正しいHTMLの記述の仕方などにも興味を持ち勉強をしました。それは、半年間の簡単な講座に通っただけの新米WEBデザイナーの僕にとってとても良い勉強になり、WEB業界で仕事をしていくこと大きな自信を持つことができました。

前置きが長くりましたが、今回お話したいのは僕のSEOの思い出話ではありません。
お話したいのは、僕がSEOについて学ぶ中でユーザビリティとか正しいHTMLの記述の仕方について学んだということです。

前述の住さんの著書で、HTML本来の役割を前提としてSEOではどのようなHTMLソースを書くべきか?とかSEOスパムとは?といったことが書かれており、その考え方はSEOの本質をついていてとても影響を受けました。

Googleなどの検索サービス提供者が検索者のキーワードによる要求に対して、どんなサイトから順位付けして検索結果に表示したいと考えているか?そこから落とし込んでいると、他のサイトが紹介したくなるくらい情報が充実していて、情報が適切にマークアップされており、さまざまな環境の方でも不自由なく快適に閲覧できるといった本来WEBサイトが備えているべき姿を追求し、その姿をできる限り等身大で検索エンジンに伝えようとすることがSEOではないかと僕は考えてます。

SEOは日本語で検索エンジン最適化と約されますが、最適化とはサイトが本来持っている姿以上に装飾し検索順位を操作することではなく、本来の姿100%をいかに伝えられるかということだと思います。100の力のサイトであれば、どうやったら100の力を検索エンジンに伝えられるか?それは150の力のサイトの順位を追い越そうとすることではありません。仮にSEOによって150の力のサイトより順位が上になったとしても、それは150の力のサイトが80しか伝えられていなかっただけのことです。大切なのはサイト本来の力を高めること、その姿を適切に検索エンジンに伝えることなのです。

僕が働く会社の他部署でSEOを行っていますが、ヒットするキーワードを増やすためにページを作っていて、考え方が逆になってしまっています。間違った考え方で生まれてきたページに、アクセスするユーザーにとって有益な情報が含まれているか?とても疑問です。

サイトで達成すべき目的を全体で考えて何が必要か?
WEBサイトとしてあるべき姿であるか?
それを検索エンジンに伝えられているか?

SEOだけにとらわれず、全体をバランス良く考えることが大切だと思います。
今日は手帳と極小付箋を使って仕事の効率をアップさせる方法をご紹介します。

僕が手帳を使うのは、
 1)タスク管理
 2)スケジュール管理
のためです。

タスク管理については、
 ・担当するタスクのリストの管理
 ・タスクの優先順位の管理
を行います。

スケジュール管理は、
 ・1週間に進めるタスクの管理
 ・会議、来客等の予定の管理
を行います。

使っている手帳はフランクリン・プランナーです。(→オンラインショップ
使い始めた理由は、先輩が使っていて高級そうでかっこよかったからなですが、実際に使ってみると、
 ・シンプルな作りが使いやすい
 ・見た目も良いので、商談のときにサマになる
 ・値段が高く、使わないのはもったいないので使うし大切にする
ので気に入っています。

現在は見開きページで1週間のタスクが管理できるウィークリーリフィルを使っていますが、最初は見開きページが1日分になっているデイリーリフィルを使っていました。デイリーリフィルではその日に行うタスクを一覧で記載でき、タスクごとの優先度を完了をチェックすることができます。

僕もその日のタスクを書き書きして、完了したらチェックしていたのですが、これがなかなか大変でした。なぜなら、その日だけで終わるタスクもありますが、数日間にわたるタスクもあり、その場合は継続のマークを記載して、翌日も同じタスクを書き書きしなければなりません。期間が長いタスクを複数抱えると、毎日同じタスクを書くことになり、これが非常に億劫になりました。

また、タスクを一覧で書いて優先度を添えますが、
 ・優先度の高いタスクがどれくらいあるのか一目ではわからない
 ・どのタスクから進めるか順番通りに整理したい
という問題もありました。

別の紙に書いて整理して、その後手帳に清書するなんて方法も試しましたが、やはり手間がかかります。簡単に管理できる方法はないものかといろいろ試行錯誤した結果たどり着いたのは、極小付箋でした。

使う付箋はアスクルで販売されているものの中で一番小さいもので、赤、青、緑、黄色が入っているものです。この付箋に手帳に書いていたタスク名を記載し、ペタペタ手帳に貼るだけ。本当に小さいので手帳の狭いスペースにも貼れますし、とても簡単です。

1つコツがあって、タスクの優先度ごとに優先度Aのタスクは赤い付箋に、Bは青、Cは緑、定期業務や会議は黄色と優先度に応じて付箋の色を使い分けています。

この方法であれば、数日間継続するタスクも毎日書き書きしなくても、付箋を剥がして翌日のところに貼るだけですし、リストを整理したいときも剥がして並べ替えれます。
優先度についても、赤が多ければ優先度の高い案件を進められているといことですし、それ以外が多ければ作業的なタスクに追われているということも色を見れば一目瞭然です。

090428.jpeg

付箋を移動させてしまうので過去の履歴を振り返れないという欠点はありますが、極小付箋を使うようになって3年ほどたちますが、短い時間で簡単に手帳でタスクを管理できるので、仕事にとても役立っていますし、今後もこのやり方を続けていきます。

もし同じような悩みをお持ちの方がおられましたら参考にしてみていただければと思います。


諸事情によりVALUQUEを一旦リセットすることになりましたが、本日から再開します。
どうぞ宜しくお願い致します。

再開1回目はSEM広告について。

ここ1、2年くらいの間にCPCが上昇して困っているという話を耳にしたり、ニュースで見ることが増えました。理由は、ECサイトなどでSEM広告が広がり競争が激しくなっているからのようです。

確かに僕が担当しているECサイトで確認したところでも、表示される広告数はとても増えましたし、出稿しているキーワードの平均CPCは以前に比べて2倍以上になっています。予算額が同じであれば、CPCが2倍になると獲得できるクリック数は半分になりますから、CVRが2倍にならないとCPAは2倍になってしまいます。

こういった状況の対策としてオススメなのが、スモールキーワードのロングテール化です。やり方は簡単で、スモールキーワードをたくさん買うだけです。スモールであればあるほど良いです。

スモールキーワードのロングテール化のメリットは、スモールキーワードは検索ボリュームは小さいですがCPCが安く、最安値で\1であるためCPCを大きく下げることができるからです。さらに、スモールキーワードは言い換えると、より具体的で詳細なキーワードということもでき、目的が漠然としているビックキーワードよりも転換率も高くなります。
さらにセットでスモールキーワードを数多く買う(=ロングテール化)ことでボリュームも出します。

まとめると、月に1回しかクリックされないけどCPCがたった1円で、とても具体的で詳細なキーワードなので転換率は100%というキーワードを100個買う、となります。
これであれば、なんと月間わずか100円で100件のコンバージョンを獲得できてしまいます。

CPC1円、CVR100%というのは理想値でもなんでもなく、スモールキーワードを大量に購入していけば自然と見つかっていきますので、ぜひたくさん見つけてください。

ネックとなる部分もご紹介しておきます。
まず1つ目に、購入キーワード数が多くなり管理が大変になる可能性がありますが、あんまりこだわって管理しなければ問題になりませんし、もし余裕があれば代理店に任せてしまえばOKです。

2つ目が、受けページの問題です。スモールキーワードをたくさん買いたいけど、キーワードに対応するページがない、ということも考えられます。商品数が豊富なサイトであればいいのですが、そうでない場合は1つの受けページに対してできるだけ多くのキーワードを考えたり、受けページ自体を増やすことを検討してみてください。

僕はこの方法でROASが3,000%という驚異的な数字を記録しています。
ぜひお試しください。